自賠責保険と言われるもの以外に、万が一に備えて掛けている任意保険。

 

その中で、車両の補償を掛けている人・車両の補償を掛けられずにいる人がいると思います。

 

見直すタイミングとしては、新しく車両を変えた時・契約時と車に乗る対象が変わってきた時だと思います。

 

仮に、新車に乗り換えた時には保険会社にのほとんどが新車割引が適応されると思うので、その割引が付加される期間だけでも万が一に備え手厚く補償をもっていた方がいいですよね!
一概ではないけども、車両補償を持つと保険料が上がってしまいます。

 

既契約の担当者がいると色んなアドバイスが貰えるのもメリットの一つです。 

 

例えば、車両保険の中にも種類がありますし、使った際の免責金額を設定することもできます。

 

自損事故時の車両補償も対象になるものだったり、補償の範囲を限定するものや一番手軽に掛けられる一番最低限のものまで事細かく自分の使用使途や理想の補償を考えて決めるのがおすすめです。

 

見直しのタイミングはいつでもできますが、補償期間が1年契約のものが一般的ですが、中には2年契約・3年契約といったものもあるようです。

 

必ず掛けていると更新の時期が来ますので、その際には補償内容の確認といった意味でも改めて説明を受けるなり、お勧めの補償での提案を受けるのも良いのではないでしょうか?

 

けれど、提案を受ける際に手厚い補償だけの場合は親身に対応している感がありませんので、まず契約している側の話をしっかりと聞いてもらえる方がいいですね!

 

自動車の任意保険は掛け捨てになるので、信用できる担当者を見つける事が重要ですし、何かあった際に頼れる人が良いです。

 

車を乗り換えた時、子供が車を運転しだす時、車の使用頻度が契約時より増えてきた時等、見直しのタイミングではないでしょうか?

 

簡単に見直すと言っても専門的用語が多いので、一度に他社との比較をしようとするとかえって難しくなるので、あくまでも既契約の会社に相談からすると理解がしやすいですよ!