意外に知らない飛び石以外でも車両保険で1等級ダウンする事例

自動車事故を起こして保険を使うと、基本的には翌年度の等級は3等級下がります。いわゆる3等級ダウンと呼ばれるもので、それだけ翌年度以降の保険料がアップすることになります。

 

しかし、どんな保険請求でも全て3等級ダウンするわけではありません。
1等級ダウンで済む事例もあるのです。

 

3等級ダウンには、普通に事故と呼ばれるようなものが含まれます。

 

クルマを運転していて他人にケガをさせた場合の対人賠償、他の車両や建物などに衝突して壊した場合の対物賠償、それに自損事故の全てがここに含まれます。

 

見て分かるように、普通に事故と呼ばれるようなものは全てここに含まれるわけです。

 

これに対して1等級ダウンとは、保険は使用したものの普通は事故とは呼ばないようなもの、むしろ被害というか災難というのが当てはまるようなものに適用されます。

 

飛び石が代表的なものかもしれませんがそれだけではなく、例えばクルマの盗難とか、自然災害でクルマが損傷したような場合、あるいはイタズラなどでクルマが損害を受けたような場合です。

 

いずれも、車両保険が支払われることが共通しています。

 

このような場合は1等級ダウンとなります。要は全く自分が原因ではないようなケースです。

 

自分が原因ではないのですから対人賠償とか対物賠償が発生することはありえません。

 

ただ車両が何らかの損害、被害を受け、補償金が支払われたようなケースが該当するわけです。

 

金額の大小は直接的には関係がありません。

 

イタズラによる落書き程度なら安いものかもしれませんが、盗難とか、自然災害で車両が水没し修理不可能になったようなケースでは当然ながら相当に大きな補償金の額になるでしょう。

 

それでも保険としては1等級ダウンで済むわけです。

 

これに対して、たとえ金額は少なくても対人賠償、対物賠償が発生したような場合は全て3等級ダウンとなります。

 

なお、保険を使っても等級が下がらないケース、いわゆるノーカウント事故と呼ばれるようなものもあります。