泣き寝入り確実の飛び石被害は保険の適応内です

保険とは原因がどこにあるかとか、被害の大きさとは無関係に使えるものですから、自分が原因ではないしそもそも誰がやったかも分からない飛び石による車両被害であっても、また被害そのものはたいしたことはなくほんの数千円の補修費用で済むものであっても使うことは可能です。

 

対応手続きとしては別に他の保険請求と何ら変わるところはありません。

 

しかし、使えるかどうかということと、使ったほうがよいかどうか、使うべきかどうかということは全く別問題です。

 

 

 

クルマの保険の場合、使うと等級がダウンします。

 

飛び石の場合は1等級だけですが、それでもダウンしてしまいます。

そして、等級のダウンは翌年からの保険料にダイレクトに響いてしまうのです。

 

等級は、1年間無事故であれば1等級上がりますが飛び石で保険を使うと1等級下がりますから、他に事故がない限りその差は2等級分です。これは1年間だけの差ではありません。

 

その後も事故等の状況が同じである限り、2等級分の差はそのまま残り続けるということになるからです。

 

 

ですから、実際に飛び石で保険を使うかどうか、対応手続きを取るかどうかというのは慎重に決める必要があります。

これは修理にかかる費用によるところも大きいでしょう。
修理費用が高額であれば使ったほうがよいかもしれませんし、修理費用が少額で済むのであれば保険は使わず、自分で払ってしまったほうがよいということになるでしょう。

飛び石被害の保険使用は1等級ダウンで次年保険料UP確定

飛び石被害の保険使用は1等級ダウンで次年保険料UP確定
飛び石は何とも運の悪い被害ですが、保険を使用すると等級が一段階下がります。
翌年度以降の保険料がそれだけアップすることにもなりますから、ここは保険料と保険金とを天秤にかけて考える必要も出てくるでしょう。

 

 

もし飛び石で保険を使う選択をする場合、そもそも修理費用がいくらになるのかを見積もっておく必要があります。

というのも、免責条件が設定されている場合があるからです。

 

飛び石の場合、被害の程度によって補修で済む場合と、全面交換せざるを得ないとがあります。

 

補修で済む場合は高くてもせいぜい2万円や3万円程度でしょうが、全面交換となると10万円前後になってくるかもしれません。

 

もしここで免責金額が0円の場合ですと、保険を使用すればかかった費用の全額が補償されることになりますが、仮に免責金額5万円の場合は、補修で済んだ場合は1円も下りないことになってしまいますし、全面交換でも5万円程度しか下りないことになります。

 

それでも等級は1段階下がってしまうわけですから、よくよく考えてから使用する必要があります。

 

この例で言えば、補修で済む場合には保険を使用するメリットは一切ないということになってしまいます。ですので、自分の免責金額はいくらに設定されているのか、そして修理にかかる費用はいくらになるのかをよく勘案した上で決めましょう。

ちなみに、飛び石によりフロントガラスにひびが入った状態では危険ですし、また車検には通りません。

 

あなたの保険の内容確認からはじまる免責条件と補償額に迫る

あなたの保険の内容確認からはじまる免責条件と補償額に迫る
飛び石で保険を使ったほうがよいかどうかというのは一概に言えるものではありません。

 

自分の入っている保険の内容を確認し、免責条件を確認する必要があります。

それだけではありません。

飛び石による被害の修理にどれだけのお金がかかるのかという金額も重要です。

この2つを元に補償額と自己負担額を算出し、一方では保険を使うことによる等級ダウンとそれに伴う保険料の増額とをにらみながら最終的な結論を下すことになります。

 

具体例を挙げつつ考えてみましょう。

 

よくある飛び石での被害では、ちょっとした補修で済むのなら費用は1万円や2万円で十分まかなえるかもしれません。
しかし、フロントガラスの全面取替えとなると10万円程度はかかるでしょう。

 

このような状況下、もし免責条件として5万円と設定されているとしますと、全面取替えの場合は差し引き5万円の補償額、残りの5万円が自己負担ということになります。

 

もし免責条件が10万円なら、全面取替えの場合でも補償額はゼロで、全て自己負担です。
いずれにしても、ちょっとした修理の場合にかかる1万円や2万円は全く補償されず、全て自己負担となります。

 

その反面、もし保険を使えば等級は否応なしに1等級下がってしまうわけですから、この免責条件のケースにおいては、ちょっとした補修の場合に保険を使う意味は全くありません。

 

全面取替えの場合に限って、しかも免責条件10万円ではなく5万円の場合に限って、5万円自己負担が減ることと、翌年以降の保険料アップとを比較検討して決めることになるわけです。

飛び石被害で保険を使用する前に修理費のチェックは欠かせない

飛び石被害で保険を使用する前に修理費のチェックは欠かせない
自動車を運転していれば避けることが出来ない被害が「飛び石」です。

 

どれ程気を付けていたとしても走行中まではどうにもなりませんから、走行中に巻き上げた石や前走車から飛んでくる石などがぶつかってしまうことは少なくありません。

 

フロントガラス・ボンネット・バンパーには目に見えるものから見えないものまで様々なキズが付いてしまうのは避けようがないことではあるものの、それがあまりにひどい状態になってしまった場合は修理の必要性も出てきます。

 

車の修理と言えば保険を使って対応することが出来るため、その場で金銭的な負担を生じさせることなく直してしまうことも出来ます。

 

ただ、保険を適用する場合には色々な手続きが必要になりますし、何よりも「等級の問題」もあるので簡単には決められないということも多くあります。

 

尤も、「必ずしも保険を適用した方が良い訳では無い」という状況もある以上、その時々に合わせて適切な方法を選択することが大切です。

 

 

その際、上手に方法を選択する為にも「実際に自動車修理工場で修理費を試算してもらう」と言うことが有効です。

 

修理費用にはおおよその相場がありますが、実際にいくら位の費用が掛かるのかを見てから保険を使うのか、使わずに実費で対応するのかを決める様にしましょう。

 

また、ごく小さな傷であれば数百円程度のコストで修復することも出来ます。全てを業者に依頼しなければいけないと言う訳では無いということも覚えておくと良いでしょう。

飛び石による修理費の程度で保険を使うかどうかをシミュレーション

飛び石による修理費の程度で保険を使うかどうかをシミュレーション
飛び石によりフロントガラスに被害を受けたときは、修理費の程度によって保険を使うかどうかをシミュレーションしてから決めるとよいでしょう。

 

まずは、フロントガラスに生じたひびの程度によって修理費用が大きく異なりますので、見積もりを取ります。

 

だいたいの目安ですが、ひびが生じた範囲が500円硬貨で隠れる程度であれば補修が可能です。

 

これはあくまでも生じたひび全体が隠れることが目安であって、ぶつかった飛び石で直接的に凹んだり穴が空いてしまったりした部分の大きさのことではありませんから誤解のないようにして下さい。

 

ひび全体が500円硬貨大ということは意外と狭い範囲の傷だということが分かるでしょう。これを越えるような大きさの被害のときには、補修ではなかなか対応できません。

 

フロントガラス全体を取り替える必要が生じてきます。

 

一般的に、補修の場合は費用は1万円から2万円程度でしょう。

 

しかし、全体を交換するとなると10万円程度はかかるかもしれません。

 

この費用と、保険を使うことによる等級ダウン、保険料アップとを勘案して、保険を使うかどうかを判断することになります。

 

普通は補修であれば保険を使わないほうがよい場合が多いでしょう。

 

全体の取替えの場合は保険を使ったほうがよい場合もあるでしょうが、費用と免責金額によっては、それでも使わないという選択肢もあるかもしれません。

 

費用は一回きりですが、保険料は翌年以降継続的に適用されるわけですから、よくシミュレーションしてみましょう。